NEWS - 新着情報 -

2018/05/30【LUNCH

ランチ:三皇帝の食卓 À LA TABLE des 3 EMPEREURS

5/31(木)~6/17(日) ※木・金・土・日曜日限定

1867年6月7日の夜、カフェ アングレ(トゥールダルジャン現オーナーの曾祖父が経営)で、三人の皇帝がプライベートで晩餐を共にしたという、当時でも非常に珍しい “三皇帝の晩餐”は、今もトゥールダルジャンの歴史に残るエピソードとして、語り継がれています。トゥールダルジャン 東京では限定期間のみランチをお届けしておりますが、今回は、伝統のスペシャリティー“幼鴨のロースト マルコポーロ”をはじめ、“帆立貝 甘美な野菜のカネロニ レフォール風味”など、このエピソードに想いを馳せたエグゼクティブシェフ ルノーオージエの特別ランチをお楽しみください。

期間
5/31(木)~6/17(日) ※木・金・土・日曜日限定

時間
12:00~ 13:30(最終ご入店時間)

料金
¥ 9,000、 ¥15,000、 ¥22,000
※いずれもお飲物、料金、サービス料別

帆立貝
甘美な野菜のカネロニ レフォール風味

<メニュー例>

SAINT JACQUES
en médaillons, macédoine de légumes relevé de raifort et de coriandre
帆立貝
甘美な野菜のカネロニ レフォール風味
やさしく日を通した帆立貝と、帆立のエッセンスを凝縮させたバヴァロア。野菜の甘みを引き出したカネロニにはホースラディッシュの風味を添えて。
(¥9000コースより)

 
FILET DE SOLE
Cardinal aux écrevisses et zèbré à la sauce encre de seiche
舌平目とエクルヴィスのカルディナル風
カルディナル風
舌平目のフィレの間に、香味野菜、エクルヴィス、舌平目のムースをはさみ、柔らかく蒸しあげました。エクルヴィスのエッセンスで作る、緋色のカルディナル風ソースで、美しくコーティング。
(¥15000コースより)

 
CANETON MARCO POLO
sauce au jus de canard et crème aux harmonies de mutiple poivres
幼鴨のロースト マルコポーロ
「トゥールダルジャン」伝統の一品。一皿目には鴨の胸肉のローストを。グリーン、ピンク、白と黒の4種の胡椒を用いたソースでお召し上がりください。二皿目には腿肉のグリエと共にサラダ、そして鴨のフォアグラのソテーを。まさに鴨の美味しさを丸ごとご堪能いただけます。
(¥22,000コースより)

ランチメニューのPDFはこちら

Back to Top Page